スマートフォンに関する情報が満載!

スマートフォンの普及率が昔から高かったら

現代では必需品だと言えるスマートフォン。
普及率は、今年ついに50パーセントを超えて、ガラケーを抜き去りました。
スマートフォンで便利なのは、インターネットに簡単に接続できて、パソコンと同等な使い方ができることです。
さて、そこで想像してみると面白いのが、歴史上の人物がもしスマートフォンを持っていたら、という空想です。
例えば、織田信長がスマートフォンを持っていたらどうでしょうか? 彼だけでなく、その時代の人に50パーセントの普及率で普及しているとしましょう。
織田信長は、メールで斥候から知らせを受けます。
桶狭間にて今川義元の軍勢が油断した状態で待機している、と。
信長は決めます。
今川義元を奇襲する、よってすぐに位置情報から義元本人の位置を特定せよ、という命令を出します。
そして携帯ですかさず雨雲レーダーをチェックします。
桶狭間の天気は晴れですが、後に雨、雲が桶狭間に向かって動いています。
こうして、歴史上のできごとも、たった一つのアイテムが普及しているか否かでがらりと変わるのは、空想するに値する面白いことだと思うのです。

現在のスマートフォン普及率について

現在のスマートフォン普及率は総務省が9月25日に実施した国勢調査の回答のうち、12.8%がスマートフォンからの回答ということで、ネット全体の回答が36.9%だったので、ネット使用者のうち、約3世帯に1世帯がスマートフォン回答となっていることから、だいぶ増えたということが伺えます。
また、普及率となると回答していない人やパソコンでやったほうが良いから総務省のにはパソコンで答えたという人もいるでしょうから、おそらくそういうのも考えるとかなり現代社会にスマートフォンが普及していることが分かります。
また、電車で乗っている人も大抵が暇つぶしに触ってますし、むしろあまり普及していないというほう見解をするほうが困難なのではないでしょうか。
そして、条例等歩きスマホの禁止をするようになったり、CMでもそのような内容のことが流れたりしている事ことからも、現在におけるスマホの普及率がかなり上昇しているのが分かります。

check

最終更新日:2017/6/16

Copyright 2015 おなじみのスマホ All Rights Reserved.